加藤ローサ「もうついていかない」夫が移籍しても子供の教育優先 (2019年7月3日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
元サッカー日本代表MF松井大輔(38=J2横浜FC)の妻で女優の加藤ローサ(34)が3日、都内で行われた「発酵豆乳イソフラボンフォーラム2019」(ポッカサッポロ ...
(出典:エキサイトニュース)


加藤 ローサ(かとう ローサ、1985年6月22日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル、女優である。愛称は、ロッチン、ロックン。 鹿児島県鹿児島市出身(出生は神奈川県横浜市)[要出典] 。夫はプロサッカー選手の松井大輔。現在のマネジメント会社は、夫と同じT.PERSONAL。
21キロバイト (2,502 語) - 2019年9月3日 (火) 10:22



(出典 img.news.goo.ne.jp)



子供のため、いろいろと工夫し、東京にいたら選択肢がたくさんあるかもしれないです!

1

元サッカー日本代表MF松井大輔(38=J2横浜FC)の妻で女優の加藤ローサ(34)が3日、都内で行われた「発酵豆乳イソフラボンフォーラム2019」(ポッカサッポロフード&ビバレッジ主催)に出席した。

 CMに出演する加藤は豆乳ヨーグルトで作るスコーン、ベリー豆乳ヨーグルトスムージーなどのメニューを試食し、あっさりした味わいに「おいしい!」と笑みを浮かべた。2児の母で、普段からメニューに同製品を取り入れ、家族に好評だという。

“孤高のドリブラー”としてフランス、ロシア、ブルガリア、ポーランドと世界を渡り歩いてきた夫とともに、各地に移り住んできた。昨年から東京に居を構え、次男は来年、小学生になる。

 加藤は「東京は選択肢が多いので、小学校選びで頭がいっぱい。小学校を変わるのは大変なので、もうついていかない。東京で待っていようかな」と、今後は夫が移籍しても“単身赴任”となることをにおわせた。

 もうすぐ迎える七夕には「次男の反抗期が早く終わりますように」とお願いするとか。「最近、自分の意思を通そうとややこしくて…」と母の顔になり、苦笑しきりだった。

 女性にうれしいイソフラボンと乳酸菌が摂取できる豆乳ヨーグルトは、健康志向の高まりから市場が急拡大中。同社は3月から群馬の新工場を稼働させ、看板の「SOYBIO」ブランドは、6月に前年比142%の売り上げを記録した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00000027-tospoweb-ent


(出典 livedoor.blogimg.jp)



(出典 livedoor.blogimg.jp)



(出典 livedoor.blogimg.jp)



(出典 img.tokyo-sports.co.jp)



(出典 i.ytimg.com)





85

>>1
>東京は選択肢が多いので、小学校選びで頭がいっぱい。

私立行かせるつもりなのか
まぁ頭悪くてもカネさえあれば選択肢は多いけど、私立は中学からでいいと思う
むしろカネあるならいい公立小の学区に住めばいいと思うが


8

あれ、こどものために、日本での生活は無理って言ってなかったか


10

まあここまで良く付いてきたよ


13

Wikiによると
>2003年3月に鹿児島県立鹿児島西高等学校商業科を卒業[5]。卒業と同時に上京[6]。

この高校は偏差値48だろ。子供の頭の良さは母親に似るのだからおとなしく公立に行かせておけ。
https://www.zyuken.net/school_page/14620121118/

最新科学で実証…わが子が勉強できないのは母親のせいかもしれないhttps://gendai.ismedia.jp/articles/-/58783


15

愛の深い女だなぁ


19

転校させたくないんだから仕方ない


21

仕事しだしたらチヤホヤされて、海外で子育てだけしてる生活なんか嫌になりそう


27

皇徳寺中学卒業生
出身者
加藤ローサ(女優)
柏木由紀(アイドル(AKB48))
上白石萌音(女優)
上白石萌歌(女優)
上原美幸 (陸上選手)
折田みゆき(元アイドル(MISSION))
内屋英子(モデル、ファッションデザイナー)
村中優(プロボクサー)
逆瀬川剛史(ギタリスト)
真竹要(お笑い芸人)
石橋遼大(お笑い芸人(四千頭身))




人気記事ランキング

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット