中国「アメリカへの報復関税を発表」により、世界経済に広範な悪影響が及ぶ懸念が広がる(追記あり)(山本一郎) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
アメリカの対中関税発表を受けて、今度は中国がアメリカに対する報復関税を発表、米中貿易紛争は世界経済の発展に大きな影を投げかけつつあります。
(出典:Yahoo!ニュース)


米中貿易戦争 (カテゴリ 関税)
China–United States trade war)は、アメリカ合衆国と中華人民共和国の二国間における貿易問題のことである。 2018年以降、相互に追加関税を実施し始めたことにより顕在化した。本件は、1990年代から経済的に急成長を続けて世界第2の経済大国となった中国と、20世紀初頭から約100年に渡っ
90キロバイト (12,899 語) - 2019年8月27日 (火) 05:07



(出典 prtimes.jp)


 インターネットで調べてみたら、2016年12月に中国商務部が発表した「中国外資企業投資報告」で、外資による投資企業が創出する直接雇用人数が4500万人を超えたといニュースがありました。この文書でわかるように、米中摩擦は中国に進出しているアメリカ企業にとって関税等々の問題でマイナスになるが、中国にとって雇用されている4500人が失業者になるもっと深刻な問題になる。

1

中国に進出しているアメリカ企業の80%余りが、米中の貿易摩擦によって売り上げの減少や部品の調達先の変更などの影響を受けていることがわかりました。

中国に進出しているアメリカ企業の団体「米中ビジネスカウンシル」は29日、ワシントンで記者会見し、ことし6月に実施したアンケート調査の結果を発表しました。

それによりますと、回答のあったアメリカ企業100社余りのうちの81%が「米中の貿易摩擦の影響を受けている」と答え、前の年よりも8ポイント上昇しました。

このうち半数近くの企業が追加関税によって売り上げが減少したと回答したほか、部品や素材の調達先を変更したとしています。

さらに、ことし1年の売り上げが伸びる見通しだと答えた企業は全体の52%にとどまり、前の年の78%から大きく減少して悲観的な見方が広がっているとしています。

会見した米中ビジネスカウンシルのアレン会長は、「関税の影響を受けてアメリカ企業の競争力は、日本やヨーロッパの企業よりも低下している。市場のシェアを取り戻すのは非常に難しく、損害は長期にわたる可能性がある」と危機感をあらわにしました。

そのうえで、米中両政府に対して、早急に貿易交渉を再開させて関税の引き下げを実現するよう求めるとともに、中国政府に対しては不公正な貿易慣行が存在すると指摘し、外国企業進出の障壁を取り除き、経済の構造改革に乗り出すよう訴えました。

2019年8月30日 8時47分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190830/k10012056341000.html





3

撤退が確実


4

米国は己らの利益のために経済交易ルールを公平性を無視して勝手に決めておいて

米国が不利益と見るや公平性を突如持ち出してんやん
そりゃー米国側にも不利益はでるでしょ

自己中すぎませんかアメ公さん




人気記事ランキング

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット