税含む機動的政策訴え=景気下振れリスク警戒-経団連 - 時事通信ニュース
税含む機動的政策訴え=景気下振れリスク警戒-経団連 2019年09月08日07時10分 経団連が政府に提出する2020年度税制改正の提言案が7日、明らかになった。10 ...
(出典:時事通信ニュース)


いて理論的統一性が図られるとともに、併せて株主に対するみなし配当課税や法人の利益積立金、資本積立金について整理が行われた。さらに平成14年度改正で連結納税制度が導入、平成22年度改正でグループ法人税制が創設された。 経済的基準説 とは、企業会計における企業利益に対して、法人税法によって加算減算による
13キロバイト (1,877 語) - 2019年9月5日 (木) 12:14



(出典 www.img.at-ml.jp)


「親会社と子会社の損益を合算して法人税を計算する連結納税制度」の見直しについて、修正する具体的なことを恐らくまだはっきりしていないのでわからないが、連結制度のメリットとデメリットを十分に議論されてきた。いま大事なのは企業のベンチャー投資をさらに増強させたいことを踏まえて考えているのではないか。

1 ガーディス ★

2019.9.13 19:11
 経団連は13日、政府に提出する令和2年度の税制改正の提言を発表した。企業の国際競争力強化に向け、親会社と子会社の損益を合算して法人税を計算する連結納税制度の見直しが重要としたほか、企業のベンチャー投資への税制優遇などを求めた。

 また、社会保障制度改革については「給付と負担の見直しといった改革を急ぐべきだ」「歳入システムを含めた検討が必要だ」と提言。将来の10%を超える消費税率引き上げの必要性に直接ふれなかったが、経団連はこうした選択肢も視野に年内に社会保障改革と財政一体改革の提言をまとめる。

 政府は、連結納税の普及を目指し、煩雑な手続きの簡素化を進めている。連結納税は親会社と完全子会社の課税所得を合算する制度で、親会社と子会社の黒字と赤字を合算してグループ全体の法人税負担を軽減できる利点がある。

 また、中期の課題として法人税の実行税率について、現行の29・74%から25%程度に引き下げるべきだとした。
https://www.sankei.com/smp/economy/news/190913/ecn1909130014-s1.html


(出典 blog-takada.cocolog-nifty.com)





5 名無しさん@1周年

>>1
経団連税を作って全てを経団連に払わせよう。


10 名無しさん@1周年

>>1
なるほど法人税を下げて、富裕層から所得税をガンガン取れってことかな?w


18 名無しさん@1周年

>>10
経団連の方々は高所得者サラリーマンだからな
俺らよりはるかに税金払ってる でふるさと納税で回避


38 名無しさん@1周年

>>1
正直法人税下げるメリットってもう形骸化してるんだよね
海外からの投資云々なんてのもなかったし
諸科目控除した後の法人税とか


63 名無しさん@1周年

>>3
社会保障システム維持する為に法人税引き下げ?
社会保障はひたすら消費税上げで対応しろ言ってんか?
*なの?自分さえ良ければの銭ゲバなの?




人気記事ランキング

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット