キプチョゲ・ケイノ(Kipchoge ("Kip") Keino、1940年1月17日-)は、ケニアの元陸上競技選手である。彼の活躍がほかのケニアの選手たちに影響を及ぼし、現在、陸上中長距離において一大勢力を誇るケニア台頭のきっかけとなった選手である。 ケイノは、1962年にオーストラリアのパースで開催された英連邦大会の3マイル(約4
4キロバイト (422 語) - 2019年3月26日 (火) 05:26



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)




駆け引きでの無駄な短期スパートないから効率的なんじゃないかな?
それでも2時間切るのは凄い事だと思うよ
人類不可能なことをケニア選手に実現させた!最高だ!!


1 チンしたモヤシ ★

マラソン 人類初の2時間切り キプチョゲ 1時間59分40秒
NHK 2019年10月12日 20時47分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191012/k10012126501000.html


(出典 www3.nhk.or.jp)


フルマラソンで人類初の2時間切り達成です。
オリンピックの金メダリスト、ケニアのキプチョゲ選手がオーストリアのウィーンで40人余りのペースメーカーの力を借りる特別な環境のもとで2時間切りに挑戦し、1時間59分40秒でゴールしました。

記録に挑戦したのは前回のリオデジャネイロオリンピックの男子マラソンで金メダルを獲得し、世界記録保持者でもあるケニアのエリウド・キプチョゲ選手です。

「人類には不可能」とも言われてきた2時間切りにこれまでも挑んできました。

会場は直線が多く勾配が少ないことなどからタイムが出やすいとされる、オーストリアのウィーンに設定され、キプチョゲ選手は朝の8時15分にスタートしました。

今回は日本の村山紘太選手を含む41人がペースメーカーとしてサポートする特別な環境のもとで行われ、キプチョゲ選手は序盤から1キロ2分50秒前後という驚異的なペースで走り続けました。

沿道には地元ウィーンの人たちや母国ケニアなど世界中のマラソンファンが駆けつけて大きな声援を送り、初の2時間切りへの期待が高まりました。

地元の男性は「世界一の選手だと思う。彼の力強い走りや精神力を見ていれば、達成できると信じています」と話していました。

その結果、キプチョゲ選手は最後までペースを落とさずゴールを駆け抜け、1時間59分40秒と初めて「2時間の壁」を破りました。

今回のタイムは公認記録にはなりませんが、キプチョゲ選手は記者会見で「快適に走ることができた。ゴールの直前は人生で最高の瞬間だった。
人間には限界がないというメッセージを伝えられたと思う」と喜びを語りました。

●ペースメーカー 村山紘太「記録出ると感じていた」

今回の挑戦にペースメーカーとして参加した村山紘太選手は日本の男子1万mの記録保持者で、キプチョゲ選手とおよそ5キロの距離を一緒に走りました。

村山選手はNHKのインタビューに「任せられた区間をしっかりと走ることができてほっとした。
レースに向けて、キプチョゲ選手と話をする中で、記録が出るんじゃないかと感じていたので、達成してよかった思う。
レベルが高い記録で、この記録が出たことに驚いている。来年は東京オリンピックもあるので、自分も得意種目の1万mで代表を目指し、頑張りたいです」と話していました。


(出典 amd.c.yimg.jp)



(出典 i.ytimg.com)



(出典 afpbb.ismcdn.jp)



(出典 fun-run.tokyo)



(出典 tomo.run)



(出典 afpbb.ismcdn.jp)






11

>>1   ケニアのキプチョゲ選手

(出典 upload.wikimedia.org)


8

しかし、灼熱の東京オリンピックで勝てるかな?www


42

>>15
風なら前に車走らせたほうがよくなーい?


17

>>9
引っ張ってくれるのが大きい
自分のペースで走るのは結構疲れるんだよ。他人のケツに付いて走るのは楽


37

>>17
なるほど
陸士はわからんけどバイクでも上手くて速いやつについて行くと走りやすいわ




人気記事ランキング

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット