孫 興慜(ソンフンミン、손흥민、1992年7月8日 - )は、韓国のサッカー選手。孫 興民表記の報道も見られる。プレミアリーグ・トッテナム・ホットスパーFC所属。ポジションはフォワード。2010年より韓国代表に選出され、2018年からは代表で主将を務める。UEFAチャンピオンズリーグとプレミアリ
28キロバイト (2,734 語) - 2019年11月5日 (火) 10:39



(出典 amd.c.yimg.jp)


ファールが直接原因ってより、自分で体重バランス崩して足挫いたんでしょう
映像見たけどレッドは確かにどうか・・・

1

3試合出場停止は取り消しに

写真

(出典 amd.c.yimg.jp)


イングランドサッカー協会(FA)は、トッテナムFWソン・フンミンの退場処分を取り消す決定を下している。

【動画】「ひどく落ち込み、泣いていた」一発退場ソン・フンミンの様子をチームメイトが明*

3日に行われたエヴァートン戦、先制点をアシストしたソン・フンミンだが、77分にアンドレ・ゴメスに対して後方から危険なチャレンジ。このプレーでバランスを崩して前方のセルジュ・オーリエと激突したエヴァートンMFは足首脱臼骨折の重傷を負い、トッテナムFWにはレッドカードが提示された。重傷の原因を作ってしまった韓国代表FWは涙を流し、スタッフに抱えられながらピッチを去った。数的不利になったトッテナムは、終盤に追いつかれて1-1のドローに終わっている。

試合後、デレ・アリやマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、ソン・フンミンを擁護する発言を残し、敵将のマルコ・シウヴァ監督も意図的なものではなく、アクシデントだったと言及。さらに、解説陣からもレッドカードの判定は厳しいという見解が出ていた。そしてトッテナムは、ソン・フンミンのレッドカードを取り消すよう訴えを起こしたことが報じられていた。

そして5日、FAはトッテナムの主張を支持し、退場処分とそれに伴う出場停止の取り消しを発表。判定の際にはVARレビューも行われていたが、同組織は「ソン・フンミンは次の国内3試合に出場できる。規律委員会は誤った退場であるとの主張を支持した」と声明を出している。

これでシェフィールド・ユナイテッド戦、ウェスト・ハム戦、ボーンマス戦でプレーできることが決まったソン・フンミン。しかし試合後には、「控え室で号泣し、ひどく落ち込んでいる」とアリが明かしていたように精神的なダメージがあったことが予想されており、次節以降、問題なくプレーできるかは現段階で不明だ。

11/6(水) 5:55配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00010001-goal-socc


(出典 portal.st-img.jp)



(出典 livedoor.blogimg.jp)



(出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



(出典 image.news.livedoor.com)





12

やっぱり韓国といえばサッカーでしたか


13

こんな裁定したら今以上に
どんどん審判の判定に文句つけるやつ
増えるだろうに。

ただですら審判を欺いてファールもらったりしてるのに。


21

イエロー相当と判断したのを怪我が深刻でレッドに変えたのは間違い
つまり主審のアホキンソンが悪い
そしてこれからもああいうのは起きますよということ


24

良かった、だれも痛まない結果になったんだね


26

これは先を考えたら最悪の判断だな
VARでジャッジしても試合後抗議すれば覆るという前例が出来てしまった


33

VARで真面目に検証してるか確認するためのVARが必要やな


38

ファンがあってのプロスポーツで取り乱してのアピールってサポーターはどう思うんだろうな