薬物依存症(やくぶついそんしょう、やくぶついぞんしょう、英: substance dependence)とは、薬物を摂取した場合、薬物の効果が薄れる薬物耐性が形成され、同量の摂取量では離脱時と同様の離脱症状と渇望を呈する等の診断基準を満たした精神障害である。以上のような身体症状を示す身体的依存
52キロバイト (7,671 語) - 2019年7月18日 (木) 09:42



(出典 www.boutsui-saitama.or.jp)


その大物俳優の特徴がネット上に彼のファッションにあるようだ。報道に「迷彩柄のラフな服装は、ヒップホップやラップをたしなむ層が愛好するファッションとされ、『大物俳優+ヒップホップ・ラップ』という条件でだいぶ人物を絞れた」と書かれている。さあ、誰でしょうか。

1

 6日、合成*MDMAを所持していたとして、*取締法違反の罪で起訴された女優・沢尻エリカ被告が保釈された。保釈金500万円を納付したとして20日ぶりに保釈。10年以上前から複数の*の使用を認めたものの、尿検査は陰性ということもあり、まだまだ真相解明は続いていく。

 その一方で、沢尻被告の一連の報道により“新たな疑惑有名人”がメディアで取り上げ始められている。渦中の人物は“大物俳優X”と称され、マスコミだけでなくネット上でも人物特定が着々と進んでいる。

 大物俳優Xに疑惑が向けられる発端となったのが、5日に有名情報誌・東スポが公開した一枚の写真。クラブと思われる場所でゴキゲンなピースポーズをする沢尻の隣で、おどけた動きで沢尻を指さす迷彩服の人物こそ、クスリの噂で現在注目が高まっている大物俳優Xだ。場所は六本木のクラブのVIPルームで、そこではしゃいでいる様子を写した写真とされる。5年前のものという情報だが、沢尻は10年前から*を使用していたと認めているだけに、この時も使用していると予想する声も。それだけに、共に写る大物俳優Xにも疑いの目が向けられるのは、いささか自然の流れだ。

 “大物俳優X”とネームバリューを高らかに報じられれば、その特定を急ぐのが現代のネット社会。ネットユーザーの中には、その“ファッション”をヒントに人物特定を進めている者もいる。迷彩柄のラフな服装は、ヒップホップやラップをたしなむ層が愛好するファッションとされ、『大物俳優+ヒップホップ・ラップ』という条件でだいぶ人物を絞れたという声も。

 さらに、大物俳優Xは日本アカデミー賞受賞歴があると報じられており、そうなると該当者は一気に狭まる。人によってはぴんとくるとかこないとか。大物という立場を考えると、もし逮捕となれば沢尻級のインパクトが年末年始に押し寄せるかもしれない。

 大物ともなれば撮影中の仕事や出演作品・CMを抱えていることは間違いなく、社会的・経済的に与えるダメージは絶大だ。今年は芸能界に巣くうクスリ問題が公になった年であり、マトリの気合いも並々ならないことだろう。それだけに大物俳優Xの正体が明らかになる瞬間は、すぐそこまで迫っているのかもしれない。


(出典 entamega.com)

https://entamega.com/28365


(出典 www8.cao.go.jp)





13

窓から飛んじゃう人でしょ?


30

>>24
ピーク時は確かに大物若手ではあった
飛ばなければね…


26

大物ってその程度の人でも言うの


29

捕まらないでほしい
最近また地味に復活してるし
沢尻よりいい俳優だろ


52

逮捕されても誰も驚かないし、影響はほとんどないかな。


90

>>78
マスコミが大物と言って大物だった例しがない。