松嶋 菜々子(まつしま ななこ、1973年10月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。神奈川県横浜市出身。セブンス・アヴェニュー所属。夫は俳優の反町隆史。2女の母。 1991年 - 旭化成水着マスコットガールに選ばれる。 1992年 - 18歳から女性ファッション誌『ViVi』の専属モデ
26キロバイト (3,082 語) - 2019年12月17日 (火) 03:32



(出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


小学生なら親帯同もわからなくはないが、高校生なら一人で行かせた方が良いのでは…
親の愛情を全部1人の子供にあげったら、もう一人は可哀想でしょう…

1

「'19年、松嶋さんは『なつぞら』で23年ぶりにNHK連続テレビ小説に出演して話題を集めました。そして’20年は、また別の意味で松嶋さんにとって“転機の年”になるようです」と語るのは、
ある芸能関係者。

'20年には女優生活29年目を迎える松嶋。そんな彼女が“ある決断”を下したという。前出の芸能関係者が続ける。

「彼女は'20年から“女優を休業”するのです。実はあるテレビ番組制作会社が、'20年の仕事をオファーしたところ、かなりの好条件であったにもかかわらず、所属事務所に断られてしまったのです。
ギャランティの値上げや、スケジュールも彼女に合わせることを提案したそうですが、それでもOKが出ず……。何度も交渉した結果、ようやく“オファーを受けられない理由”が明かされたのです。
それは“長女の海外留学先に同伴するので、物理的に難しい”というものでした」

松嶋の長女(15)は、現在都内の有名私立中学校に通っており、'20年3月に卒業予定。また次女(12)も、同じ系列の私立小学校の6年生で、3月に卒業予定。いわば松嶋と反町隆史(45)の
育児の節目にあたる。

これまでも“長女の留学計画”については、何度か報じられてきたことからもわかるように、松嶋にとっては長年温め続けてきたプランなのだ。松嶋は女優になってから英会話のレッスンを始め、
その大切さについて気付いたという。

彼女は“英語を学ぶことで世界が広がる”と、12年前には雑誌のインタビューで熱く語っていた。

《海外の女優さんにお会いした時に、作品の感想を自分の言葉で伝えたり、仕事について深い話ができたらいいなという思いは募ってきましたね。〈中略〉(正しい表現にこだわりすぎることには)
柔軟になる一方で、日本人としてのプライドを大切にしたいという思いは強くなりました》(『an・an』・'07年5月16日号)

当時の彼女は、次女を妊娠したばかり。しかしこのときから“子供たちに英語を学ばせるとともに、異なる文化にもふれさせる”ことを考え始めていたのだろう。

反町・松嶋夫妻の知人が言う。

「上のお嬢さんはバレエをはじめとしたアートに興味があるそうです。また“正統派”とも評される英語を学べることから、留学先はイギリスに決めていると聞いています」

“娘には本場の英語を”、12年間温め続けていた計画はついに実行に移される。

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191217-00010002-jisin-ent


(出典 elleetlui.org)



(出典 guradoruschool.com)



(出典 xn--q9jwi0btf1e0846a.com)



(出典 geitopi.com)



(出典 geitopi.com)





12

育児優先で好感度しかない
黒木瞳の娘みたいにさせない為に頑張れ


45

>>16
同じ英語だけど アメリカとイギリスでは別モノだと思った方が良いから
出来るなら両方の国で学んだ方が良いと思う


17

静香ちゃんとこの娘より容姿の出来が良いのかな


26

工藤も次女の学業の方を全力サポートしてやれと思う


86

>>81
反町も一緒に行くかもしれないし
それは今のところわかんないよ
時任三郎も一家でニュージーランド移住してたし


43

>>36
お勉強なんて出来なくてもイギリスやら英語圏に行って暮らせば、英語なんて嫌でも喋れるようになる。所詮ツールでしかないからな、言語なんて。


42

留学について来る親って子供的にどうなんだろな