結局のところ、わからないことが多すぎてどちらが正しいかわからない。つい最近ですが、猫同士が感染拡大をしていることがニュースになっているが、これも決定てきな証拠がない。こんな状況の下で、ニュースの内容によって、一喜一憂をしないほうがよいではとおもいます。

1 みんと ★

結核を予防するBCGワクチンを受けた人が新型コロナウイルスに感染しにくいかどうか調べたところ、接種した人と接種していない人で陽性となった割合に差はなく、予防効果は認められなかったとする研究結果をイスラエルの研究グループが発表しました。

BCGワクチンの定期接種を行っている国や地域では、新型コロナウイルスへの感染者や感染後に死亡する人が少ないという指摘があり、各国で検証する研究が進められています。

イスラエルのテルアビブ大学の研究グループは、イスラエルでは1982年までBCGワクチンの定期接種が行われていたことに注目し、接種を受けた世代と受けていない世代で感染する割合に差があるか解析した結果を「アメリカ医師会雑誌」に発表しました。

それによりますと、イスラエルでことし3月から4月初めにかけて新型コロナウイルスのPCR検査を受けた人のうち、BCGワクチンの接種が行われていた1981年までの3年間に生まれた3064人では、11.7%に当たる361人が陽性でした。

これに対して、接種を受けていない1983年以降の3年間に生まれた2869人では、10.4%に当たる299人が陽性でした。

研究グループは、統計的に明確な差はなく、BCGワクチンの予防効果は認められなかったとしています。

一方で、研究の対象となった比較的若い世代では重症化したケースが少なく、重症化や死亡に至る割合との関連についてはまだ分からないとしています。

NHKニュース 2020年5月14日 17時51分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200514/k10012430111000.html










24 不要不急の名無しさん

>>1
結核にかからなくなるけど?


42 不要不急の名無しさん

>>1
予防効果じゃなくて肺炎の重症化を抑制してくれるのが重要なんじゃないの?


69 不要不急の名無しさん

>>1
イスラエル人に何が分かるんだ?


6 不要不急の名無しさん

予防はないんじゃない?
重症化しにくいかもしれないって話であって


13 不要不急の名無しさん

BCGとは無関係なのは当然

台湾は、有能な政治家が、早めの対策をして、コロナの感染を完璧に抑え込んだ

一方、日本は、政治家は無能だが、検査拒否して感染者を少なく見せただけ


19 不要不急の名無しさん

感染率に差がないことは元もと言われてたが?
死亡率の話だよ


22 不要不急の名無しさん

重症率や致死率調べろや。
使えない研究だな。




人気記事ランキング

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット